経営理念・代表者・アドバイザリー

経営理念・代表者・アドバイザリー

経営理念

Mission

一人ひとりが自分らしく輝ける社会をデザインする

Vision

障がい者のチカラで社会を活性化させることで、”働き方”にUPDATEをもたらす

代表挨拶

代表メッセージ 障がい者のチカラで社会を活性化させることで、”働き方”にUPDATEをもたらす。

代表取締役 白砂 祐幸

 「障がい者」という言葉は企業で働く我々にとって未だ身近な言葉ではありません。 企業における障がい者雇用は「法定雇用率」という言葉との組み合わせにより、その認知が徐々に広がってきました。ただ、企業においては、未だ「法定雇用率の達成」という法令順守の観点で語られることが多く、障がい者の「採用」は進むものの、適切な「雇用」に繋がらず、早期離職に発展するという問題も生じています。本来、人材を採用するということは、取り組むべき経営課題があり、その解決のためのひとつの手段であるはずです。しかし、障がい者雇用に関しては、企業は障がい者ポテンシャルを図りかねており、手段としての採用活動が正しく実行できていないケースもまま見受けられます。

 障がい者雇用を推進するためには、障がい者を企業の経営力向上に繋げるための人的資源と捉えていく大局的かつ戦略的な視点が求められます。さらに、多様な人材と幅広い価値観を受け入れるための社内理解と組織開発が必須となります。法定雇用率の達成という近視眼的な考え方から脱し、本質的に「企業における障がい者雇用はいかにあるべきか」を、ダイバーシティー&インクルージョンマネジメントの観点からアプローチするのが、NANAIROのスタンスです。

 そして、この考え方の先には、雇用に対する新しい考え方、新しい働き方に対するひとつの手がかりが見えてきます。現在、障がい者に限らず女性・高齢者・外国籍社員の受け入れなど、企業はこれからの組織を支える働き手を模索し、様々な取り組みを始めるようになりました。NANAIROは、それらの課題も見据えています。「障がい」をはじめとした多様な人材の持ち味・能力特性を積極的に業務と組織に活かし、戦略的な経営力向上に繋げ、新しい働く姿の実現を目指します。NANAIROは、障がい者のチカラで社会を活性化させることで、”働き方”にUPDATEをもたらします。

アドバイザリー

代表メッセージ 「障がい」という言葉が「強さ」という意味を持つ社会を。

代表取締役 白砂 祐幸

■職歴・経歴
1941年生まれ
1965年 慶應義塾大学商学部卒業
専門商社人事部勤務を経てリクルート入社
その後、リクルートプラシス(現在社名リクルートオフィスサポート)を設立
日本経団連障害者雇用アドバイザー等を歴任

■主な活動
・企業に対する障がい者雇用に関するノウハウの提供と指導
・障がい者を支援する機関(学校・施設)に対する啓発教育
・障がい者自身と保護者に対する就職実現に向けての情報提供と指導
・日本経済団体連合会障害者雇用アドバイザー(2001年~2006年)として、事業主向 け講演と個別指導 ・高齢・障害者雇用支援機構協力専門家としての事業主向け雇用指導と研究
・”障害者の在宅雇用“の指導と実践(特定非営利活動法人障害者在宅雇用支援セン ター専務理事)
・厚生労働省委託研究として”精神障害者の雇用管理研究委員会“委員
・(株)アドバンテッジリスクマネジメント顧問としてメンタルヘルス事業運営
・総務省ICT活用の評価及び普及に関する調査研究委員会委員 など

■著書
『障がい者雇用促進のための119番』(執筆・監修)
『精神障害者雇用のためのQ&A』(執筆・監修)
『ケースで学ぶ障がい者雇用促進支援講座』(監修・執筆)
『特例子会社設立による障害者雇用推進の功罪』
改定『職業リハビリテーション入門』(部分執筆)
厚生労働大臣指定講習テキスト『障害者の雇用管理』(執筆)
『会社で使う手話』(監修)
『特例子会社設立マニュアル』 (執筆・監修)